皆さん、こんにちは!

文章の書き出しって難しいですね。。。
気の利いた文面で始めようと思ったのですが全く思いつかず諦めました、渡辺です。

さて、今日はタイトルにもある通り、フィルムカメラによる3D GIFが使用されているMVCMの2作品をご紹介したいと思います!

そもそもフィルムカメラによる3D GIFってなんなんでしょうか?


対象物を軸として、視差でその前後がゆらゆら揺れて見えるこんなGIFのことです。
なんだかこれだけでも画になって、かっこいいですよね〜
初めて見た時はこれどうやって撮っているんだろうと不思議でした。

調べたところ、撮影は4眼or3眼カメラで行われており、それをPhotoshopや専用のアプリなどで繋げてGIFにしているようです。
最後にHow to動画を貼るので詳細な方法が気になる方はそちらから!
(https://www.thephoblographer.com/2019/02/28/the-reto3d-is-a-brand-new-3d-film-camera-on-kickstarter/)

1, Mura Masa – What If I Go
この味のあるエフェクトがカッコ良く取り込まれているMVがこちら!

Production Company: Bad
Director: Yoni Lappin
Stylist: Charlotte James

3D GIFのエフェクトが作品全体の80,90年代のムードの演出に一役買っています。
音楽も然ることながら、MVも惚れ惚れしてしまいますね。。。。

2, adidas Originals – Supercourt
お次はadidas originalsから今年6月に新登場したホワイトレザースニーカー『SUPERCOURT(スーパーコート)』のCM!

Director: Yoni Lappin
Director of Photography: Jake Scott
Executive Producer: Paul Kawasaki
Agency: Johannes Leonardo

“オールホワイトが特徴の本コレクションは、「様々な人生経験を通じて、真っ白なキャンバスに自分色を描いていくこと」を合言葉に、汚れや経年変化さえも楽しもうというコンセプトをかかげている。
https://www.gqjapan.jp/fashion/news/20190524/adidas-home-of-classics-news

3D GIFの登場回数は少ないですが、GIFで所々をキャプチャーすることによってより上記のコンセプトや、ターゲットとする層のスタイルを印象的に見せることが出来ている気がします。

そして!
上記2つの作中で使用されているGIFを撮影したのがロンドンを拠点に活動しているDirector / PhotographerのSalim Adamさん。
>>https://salimadam.com/gifs

最近はaddidasやNIKEなどのストリートウェア要素をピックアップしたCMなどの監督をしています。

また、先ほどご紹介したMura MasaのMVで注目を浴び、GIF Photographerとしてもワールドワイドに活動しているようです。

フィルムカメラによる3D GIFs Effectの魅力が少しでも伝わっていたらいいなあと思いながら今回のブログを終わりにしたいと思います!

それでは皆さんHave a good OBON!

渡辺

>>How to Make a Stereoscopic GIF

渡辺